スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチスロの説明

パチスロやったこと無い人、パチンコ屋さんに入った事が無い人、数回しかやった事が無い人のための記事です。

主にパチスロのシステムと機種についての説明をします

間違ってる事を書いているかもしれません。過信しないでください。




1.メダルを換金するまで

一応書いておきます。知ってる人は飛ばしてください。

メダルを借りる

遊技台で遊ぶ

メダルが出る

景品と交換する

3点方式の闇

現金にする

1連の流れはこんな感じです
メダルを借りる金額がいわゆるレートです。1枚20円、10円、5円などがあります。
借りたメダルを使ってあそびます。スロットは当たりを引くとメダルが出ます。何枚出るか、どうすれば当たりを引けるのか等については後述します。
当たりで出たメダルの枚数を計算(店員がやる)して、その枚数に応じた景品と交換します。
1枚20円のスロットで200枚出した場合は(20円×200枚=4000円)で4000円相当の景品をもらうことができます。
しかし、必ずしも4000円の景品が貰えるとは限りません。
メダル貸出は1枚20円でも、景品交換は60枚で1000円等という場合があります。
お店によって換金率が違うので、事前に調べておく事をオススメします。
最後に貰った景品を現金に変えてくれる店(交換所)に持っていきます。



2.当たりの引き方

パチスロでメダルを増やすためには、当たりを引く必要があります。
当たるまでの過程を大まかに説明します

メダルを入れてレバーを叩くとリールが回り、ボタンを押して回ったリールを止めます。3つのリールを止め終わったら、これで1回転です。
1回転回すためには、基本的にメダルが3枚必要です。
それを繰り返し行ない、当たりを待ちます。
当たりの契機は、機種によって違うので、いくつか例を挙げます。

例1)ジャグラー
imjuggler0.jpg imjuggler00.jpg

この台はほとんどのホール(パチンコ屋さん)に設置されているので知っておいた方がいいです。
ジャグラーの場合は、レバーオン(レバーを叩いた時)で、当たり抽選を行っています。厳密にはレバーオン時以外にも抽選を行なっていますが、それらについては後述します。
その抽選率なのですが、設定(これも後述します)によって異なりますが、だいたいレバーオン時の1/160くらいの確率で当たります。

ボーナス(当たり)は2種類あり、獲得できる枚数が違います。
BIGボーナス:約312枚
REGボーナス:約104枚

ここで気付いた方もいるかもしれませんが、「1回転で3枚必要なのに確率1/160で312枚だと損じゃないの?」

実は1回転させるのに毎回3枚減るわけではないのです。
パチスロには「小役」というものがあります。
ジャグラーで例を挙げると
①リプレイ (確率約1/7:もう1回転回せる)
②ぶどう (確率約1/6:7枚出る)
③チェリー (確約1/33:1枚出る)
④ベル (確率約1/1092:14枚出る)
⑤ピエロ (確率約1/1092:10枚出る)
以上の5種類があります

一応確率も書きましたが、はじめのうちは覚える必要はないです。
通常時(ボーナス中以外)は上記の小役も揃うので、実際は50枚で35回転くらいします。
なので、当たるまで(合算1/160だとしたら)200枚ちょっと使えばボーナスを引ける計算になります。



例2)魔法少女まどか☆マギカ等(AT、ART全般)

例で使ってるだけです。まどマギの宣伝じゃないです。

madoka0.jpg madoka00.jpg

ジャグラー以外のほとんどかこのタイプだと思ってください。
1擊でたくさん出るタイプです。ATやART等と呼ばれています。
まどマギの場合は、ボーナスとART(後述します)を使って出玉を増やします。

ボーナス、ART当選の契機
①小役で抽選
②天井(規定ゲーム数消化)
③その他

①小役で抽選 について
まどマギやジャグラーに限らず、パチスロ全ての機種に小役はあります。
AT、ARTと言われるタイプ全般は主に以下の小役で構成されている場合が多いです
1.リプレイ
2.ベル
3.チェリー
4.スイカ
5.チャンス目
厳密にはもっと種類がありますが、これだけ覚えてください。

リプレイはもう1回転回せる、ベルはちょっとメダルが増える、と思ってください。

チェリー、スイカ、チャンス目、こいつらは2枚とか3枚とかメダルは増えないのですが、ボーナスやAT,ARTの抽選をしています。
このように、当たりに直結する小役を一般的には「レア役」と言います。
ジャグラーにもチェリーはありましたよね?あれもレア役です。
実はジャグラーもレバーオン以外にレア役での抽選もありますが、当たりのほとんどはレバーオン抽選となっています。


②の規定ゲーム数消化 について
いわゆる天井と呼ばれる奴です。あらかじめ機械内部で決まっている回転数に到達した時に当たりを引く事ができます。
この「規定ゲーム数消化」に関してはちょっと難しいので、初心者のうちはわからなくてもいいです。ただ、レア役を引かなくても当たる事があるんだよって覚えてください。

③その他
チャンスゾーンでの当選(後述します)
フリーズ(知らなくていい)
レア役での抽選、規定ゲーム数消化以外にも、ボーナスやART当選の契機があります。


ボーナス等いわゆる当たりを引く契機は機種によって様々なので、打ちたい機種はあらかじめ調べておく事をオススメします。



3.用語等詳細

細かい事書きます。めんどくさかったら飛ばしてください。


①設定
パチスロはどの機種も「設定」というものがあります。「設定」は1~6まであり、簡単に言うとメダル出やすさの指標です。
出玉率という言葉があり、この数値が100%を超えていると勝ちやすく、逆に下回っていると負けやすいです。
設定で表すとこんな感じになります

例)まどかマギカ出玉率
設定1 : 97.3%
設定2 : 98.8%
設定3 : 100.4%
設定4 : 103.3%
設定5 : 106.4%
設定6 : 111.4%

つまり設定1、2を打ち続けると負け、3以上を打ち続けると勝ちます。(あくまで理論値)
まどマギを例に挙げましたが、ほぼ全ての台の設定に対する出玉率は同じくらいになっています。

なぜ高設定と低設定で差が出るのか?
機種によって理由が違うので、例を挙げていきます。

例1)ジャグラーの設定差
出玉率
設定1 : 95.85%
設定2 : 96.7%
設定3 : 98.71%
設定4 : 100.8%
設定5 : 102.8%
設定6 : 105.16%

ジャグラーのボーナス当選契機は先ほど記述した通り、レバーオン抽選(単独ボーナス)とレア役による抽選(重複ボーナス)の2種類があります。
それぞれの抽選確率が、設定によって違います。

単独ボーナス成立確率
BIG成立確率
設定1 : 1/409.6
設定2 : 1/399.6
設定3 : 1/399.6
設定4 : 1/390.1
設定5 : 1/390.1
設定6 : 1/381.0

REG成立確率
設定1 : 1/655.4
設定2 : 1/630.2
設定3 : 1/496.5
設定4 : 1/455.1
設定5 : 1/381.0
設定6 : 1/381.0

チェリー重複当選
※()内はBIG : REGの当選比率
設定1 : 5.74% (3.49% : 2.26%)
設定2 : 5.74% (3.49% : 2.26%)
設定3 : 6.37% (3.46% : 2.85%)
設定4 : 6.69% (3.65% : 3.04%)
設定5 : 7.26% (3.63% : 3.63%)
設定6 : 7.26% (3.63% : 3.63%)

以上の設定差をまとめるとこんな感じになります
ボーナス合成確率
設定1 : 1/176.2
設定2 : 1/172.5
設定3 : 1/156
設定4 : 1/147.6
設定5 : 1/135.4
設定6 : 1/134.3

つまり
「設定1では平均176回転に1回ボーナスが引ける」
「設定6では平均134回転に1回ボーナスが引ける」
こうなります。


例2)まどマギ等AT,ART全般の設定差
AT、ART機のほとんどがレア役からの当選率に設定差があります
機種によって差が激しいのと、高確率や低確率等あり面倒くさいので簡単に言います。
設定1でレア役引いた→20%で当たる
設定6でレア役引いた→25%で当たる
こんな感じです(数値は適当)

まどマギの場合、いろいろひっくるめて計算するとこのくらい差が出ます

ボーナス確率
設定1 : 1/218
設定2 : 1/208
設定3 : 1/201
設定4 : 1/194
設定5 : 1/186
設定6 : 1/179

ART初当たり
設定1 : 1/545
設定2 : 1/526
設定3 : 1/484
設定4 : 1/419
設定5 : 1/369
設定6 : 1/302
(AT,ARTについては、次で詳細を書きます。)


パチスロで負ける理由、勝てる理由の1つが「設定の高低」です。
当然ですが、客は台の設定を見ることはできません。従業員でも店長など1部の人しか知らないと言われています。


②AT、ARTとは
ATは「アシストタイム」
ARTは「アシストリプレイタイム」の略です。
なにが起こるかというと、このAT、ARTの間は基本的に押し順のナビが発生して、それに従うとリプレイやベルが揃いまくります。
リプレイとベルが揃いまくる→つまりメダルが増えるって事です。
どれくらい増えるかの指標は「純増」という言葉で書いてあります。
まどマギの場合は純増2.2枚、これは1ゲーム(1回転)あたり2.2枚のメダルが増えるという意味です。
まどマギのARTは名称「マギカラッシュ」といい、最低でも50ゲームの間ARTが続きます。
50ゲーム、純増2.2枚という事は、最低でも約110枚のメダルが出る計算になります。

ほとんどの機種がこのAT、ARTを採用しています。機種によって性能は違いますが、出玉を伸ばす方法を書きます。
基本的にAT、ART中にレア役を引くと「ゲーム数上乗せ抽選」が行われます。
例えばチェリーを引いたら30ゲーム追加、などが発生します。ぶっちゃけ30G程度じゃ1000枚、2000枚は出ません。
レア役の説明の時には省略しましたが、チェリースイカチャンス目等は複数種類ある場合が多いです。
・弱チェリー
・強チェリー
・中段チェリー
・弱スイカ
・強スイカ
・弱チャンス目
・強チャンス目
・強ベル
・確定役
etc
機種によって様々ですが、レア役にも「強いレア役」と「弱いレア役」があるもんだと思ってください。
中段チェリーなどは数万分の1くらいの確率で設定されてる場合が多いです。
AT、ART中に中段チェリー等の強いフラグを引くと、200ゲーム300ゲームといった大きな上乗せが発生しやすくなっています。
そのような薄いフラグを引かないとなかなか大きな出玉には繋がらないのです。



③チャンスゾーンについて
先ほど記述しましたが、ボーナス当選契機のひとつに「チャンスゾーン」と呼ばれるものがあります。
これはほとんどの機種で採用されているので記述しておきます。
チャンスゾーン(以後CZ)とはある一定のゲーム間ボーナス又はAT、ARTを高確率で抽選するゾーンです。
機種によって多種多様なCZがあるので、自分が気になる機種は調べてください。
CZの当選契機も様々で、レア役での抽選や規定ゲーム数消化など色々あります。




4.規定ゲーム数(天井について) これ重要

天井、これを知らないとスロットやる資格が無いと言っても過言じゃない。
ほとんどの機種に天井は搭載されています。

①天井とは
→決まったゲーム数まで到達したら何かしら当選するよ

②大体どれくらいのゲーム数なの?
→機種によって違うけど、1000ゲームくらいが多いね。

③なんで知ってないと損なの?
→例えば、もうちょっと打てば当たるよって言われたら絶対に打つよね?知ってないと天井手前で辞めちゃったりして損する事があるからだよ。あとパチスロで勝つためのメインが天井狙いって言う方法だからだよ。

例を挙げます

例1)パチスロ化物語
bakemonogatari0.jpg

最大天井は999G+α
天井恩恵はAT(倖時間)当選+倍倍チャンス当選確定

普通にATに当選するより天井特典が付いている機種です。


例2)魔法少女まどかマギカ
madoka0.jpg

最大天井999G
天井恩恵は擬似ボーナス当選
天井の特典が無いパターンです。999Gで当たるだけです。


例3)アナザーゴッドハーデス
anothergodhades0.jpg

最大天井1600G
天井恩恵はAT当選が確定で必ずプレミアムオブハーデスとなる

天井がめっちゃ深いゲーム数
天井特典はついてる


例4)激闘!西遊記
saiyuuki0.jpg

最大天井256G
天井恩恵は擬似ボーナス確定

逆にめっちゃ浅いパターン
天井特典は無し


こんな感じで機種によって天井のゲーム数や特典の有無など様々なので、打つ前に天井だけはきっちり把握してください。




長くなりましたが、パチスロ基本中の基本は書いたつもりです。
勝ち方(収支を出す)方法は後日気が向いたら記事にします。

おしまい
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kubojan

Author:kubojan
俺はオタクじゃねえ!
パチスロ、麻雀、アニメが好き。

最新記事
カテゴリ
清一色
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。