スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『うみねこのなく頃に』について語りたいだけの記事

設定1でも機械割100%オーバーを謳っているうみねこ

なら1でも勝てるじゃん!と思い、夢を見ていた時期もありましたよ・・・

実際、フル攻略は無理。

細かいパーセンテージはわからないけど、どんなに良くてもプラマイゼロくらいに収束させるのが限界かな。

よく言われているのが、「目押し力で出玉性能が変わる」という事。

確かに、目押しの精度は出玉に直結する要素のひとつであるが、

自分がそれと同じくらい大切だと思っているのが「演出知識」。

今回は主に、知っていると得する(出玉に直結する)知識を紹介する。



①通常時の演出について

この機種の演出は非常に多い

非レア役対応、レア役対応、全小役対応、ボーナス対応とあり、それぞれ矛盾でボーナス確定(たぶん)となっている。

通常時は基本的に小役回収打法(以下DDT)を取りながら消化していくが、機械割を上げる為には小役の取りこぼしを避けつつ、ボーナスを最速で揃えなければいけない。

そこで、非レア役対応演出を知っていると、ボーナスの可能性がある場合は、直ちに判別作業を行える。

例えば、1枚役→次Gに非レア役演出

上記の場合は次GはDDTを取らず、中リール赤7を狙うなりの判別を行う。


また、1枚→全小役対応演出

のような場合は、DDTを取りつつ、ボーナス察知をする必要がある。

DDTを取りつつ、効率よく行えるボーナス察知として、青7を下段に押す方法が良いと思う。


通常時は、ボーナス成立毎に入賞させるまでのGでロスが生じる場合が多い。それを極力回避できれば、機械割上昇に繋がる。



②RT中について

RT中はボーナス察知を行う必要がほとんどないが、一応、純ハズレの際に青7を下段に押すDDTを行っていれば、赤REG以外全てのフラグをそのGで察知できるので、逆押しDDT等他の打ち方より僅かに機械割上昇に繋がると思う。

理由は、ボーナス告知時に復活演出が選択されると、最終GはRT状態が切れているので、成立しているボーナスの種類をあらかじめ察知できていれば、1G分のロスが無くなるという事。

ちなみにエピソード開放を行い、EP8を選択していれば、復活演出はREGのみになるので若干効率が上がります。


③REG中について

REG中の小役も全て取得していいわけではない。REGもBIG同様に払い出し枚数で管理されているので、効率よく小役を取得する必要がある。

結論から言うと、1枚役以外を取得すればおっけー。

数字の問題なので、理解できなければGoogle先生に聞いてください・・・




ぱっと思いつく目押し以外での攻略要素はこれくらいかな。

中でも1番ロスが多くなってしまうのが、通常時のボーナスを揃えるまでのGだと個人的には思うので、

攻略を目指す方は、演出をしっかり覚えていると良いかと思います。



演出面での攻略要素を書いたけど、やっぱり目押しも大切で、

CZの目押しをミスるとかなりのロスになるため、目押しを100%に近づける努力も必要なんです。

逆に目押しが完璧でも、ボーナスを揃えるのに無駄が出てしまうともったいないので、最低限の知識は必要だと思いますけどね。



うみねこは、知識と技術の両方を要求してくる機種。

そこにハマると凄く面白い機種なので、皆さん打ち込んでみてください。

(※私、オーイズミの回し者ではございません。)



おわり


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kubojan

Author:kubojan
俺はオタクじゃねえ!
パチスロ、麻雀、アニメが好き。

最新記事
カテゴリ
清一色
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。